大学の無償化要件固まる 専門家会議が報告書

文科省は6月14日、高等教育の負担軽減方策に関する専門家会議の第6回会合を開き、高等教育の負担軽減の具体的方策に関する報告書をとりまとめた。大学や高等専門学校、専門学校などの高等教育機関の無償化の要件を定めた。同省は2020年度からの実施に向け、具体的な制度設計の検討を急ぐ。

文科省や報告書によると、減免された授業料相当額を大学に交付し、住民税非課税世帯の子供に対して授業料を減免する。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。