首相が虐待防止策を指示 目黒の女児虐待死事件受け

東京都目黒区で5歳の女児が両親からの虐待によって死亡した事件を受け、政府は6月15日、児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議を開催した。事件の検証を進めるとともに、児童虐待防止に向けた体制強化を図る。安倍晋三首相は「政治の責任において児童虐待の防止に向けた抜本的な対策を講じていく」と述べ、加藤勝信厚労相をはじめ関係閣僚に緊急対策を講じるよう指示した。

事件を巡っては東京都が5月21日、児童福祉審議会児童虐待死亡事例等検証部会で、児童福祉分野の有識者らによる検証作業を開始した。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。