高槻市立小で女児死亡 18日朝の地震で近畿に被害

大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が6月18日朝、児童生徒の登校時間帯に発生したことを受け、安倍晋三首相は①早急に被害状況を把握する②地方自治体とも緊密に連携し、政府一体となって、被災者の救命・救助等の災害応急対策に全力で取り組む③国民に対し、避難や被害等に関する情報提供を適時的確に行う――よう全閣僚らに指示した。

大阪府によると地震の影響で、府下の高槻市立寿栄小で女子児童(9)が倒壊したプールの壁に挟まれ、死亡した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。