指導要録の大幅な簡素化を提唱 評価の負担軽減図る

 観点別評価の指導要録への記載は本当に必要か――。中教審初中分科会教育課程部会「児童生徒の学習評価に関するWG」の第5回会合が6月19日、開かれた。会合では、教育研究家の妹尾昌俊氏(弊紙特任解説委員)が、教員の負担軽減の観点から、指導要録の大幅な簡素化を提唱した。妹尾氏は「指導要録や通知表に費やす時間があるのなら、授業研究に充てるべきだ」と問題提起し、モデル校における実証研究を提案した。

 妹尾氏はさまざまなデータから教員が担当する授業時数が多く、成績処理への負担感が大きいと指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。