英語改革は教員と入試から 自民の特別部会が提言

自民党教育再生実行本部(本部長・馳浩衆議院議員)の提言検証特別部会(主査・遠藤利明衆議院議員)は6月20日、文科省を訪問し、林芳正文科相に英語の教育改革に対する議論のとりまとめを報告。民間を活用したグローバルイングリッシュへの転換に向けた具体的施策を提言した。英語教育の改革には教員と入試を変える必要があるとし、外部人材の活用や、高校入試での英語4技能による評価の導入を求めた。

教育再生実行本部は2013年4月、「成長戦略に資するグローバル人材育成部会提言」をまとめ、大学入試の見直しや高校段階の英語力向上を求めていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。