教育の遠隔システム推進へ 文科省内部で初会合

文科省は、学校で遠隔システムを活用した教育を推進する具体的方策について省内で検討するタスクフォースを立ち上げ、6月26日に初会合を開催した。タスクフォース主査の丹羽秀樹文科副大臣は「遠隔システムの活用を学びの質の向上にどうつなげていくか、深く検討する必要がある」と述べ、8月をめどに方針をとりまとめる考えを示した。

2017年6月9日に閣議決定された「規制改革実施計画」の中で、学校現場への遠隔教育の一層の推進が示され、同年12月21日の経済財政諮問会議の「経済・財政再生計画改革工程表2017改訂版」でも、ICTを活用した遠隔授業の拡大が盛り込まれた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。