非認知スキルが学力を上げる可能性 全国学調を分析

「非認知スキル」を高めることができれば、家庭の「社会経済的背景(SES)」の高低にかかわらず学力を一定程度押し上げる可能性があることが、文科省の調査で分かった。同省から委託を受けた浜野隆・お茶の水女子大学教授らが、2017年度の全国学力・学習状況調査などを分析し、明らかにした。6月27日に開かれた、「全国的な学力調査に関する専門家会議」の第6回会合で調査結果が公表された。

浜野教授らは、17年度の全国学力・学習状況調査と合わせて、無作為抽出した公立校の小学6年生と中学3年生の保護者に質問紙を配布。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。