「怒りの感情に任せ暴行」 体罰元教諭に有罪判決 

愛知県豊橋市の小学校で体罰を繰り返していたとして、暴力行為等処罰法違反の罪に問われた元教諭(43)に対し、名古屋地裁豊橋支部の明日(ぬくい)利佳裁判官は6月28日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

明日裁判官は「怒りの感情に任せて暴行を加えた、身勝手で理不尽な犯行」と指摘した上で、▽事実を認めて反省し、既に教育現場から離れている▽アンガーマネジメントの講座を受講している▽妻が監督する意向を示している――と判決理由を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。