2040年の方向性議論 中教審WG、高等教育で

中教審・大学分科会の制度・教育改革ワーキンググループは6月29日、第15回会合を都内で開いた。2040年を目標年とした高等教育の課題と方向性を議論した。

 親会議の将来構想部会は中間まとめとして、18歳人口減を見据えた高等教育の新たな役割を創出するための方策を報告し、▽社会人の学び直しなどリカレント教育の向上▽学生の送り出しなどの海外展開――などについて審議を求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。