「虐待防止分けて対応」 加藤厚労相が団体に回答

保育や子供支援に取り組むNPOや市民団体の代表が7月2日、児童虐待防止策の強化を求める提言書と10万人を超える署名を加藤勝信厚労相に手渡した。提言は児童相談所の大幅人員増や義務教育段階での性教育の実施を要望している。加藤厚労相は「7月の中下旬にすぐ動けるものと時間をかけて検証するものとを分けて対応したい。警察との情報共有や役割分担は、既に取り入れている地域があるため、ヒアリングを進める」と述べた。
 
提言の発起人は、認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表や国立成育医療研究センターの奥山眞紀子統括部長、NPO法人キッズドアの渡辺由美子代表理事ら6人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。