英語とプログラが人気二分 夏休みの習い事調査

夏休みに子供に勉強させたい習い事のトップは英語・英会話スクール――。子どもの夏休みに関するイー・ラーニング研究所(本社・大阪府吹田市)の調査で、保護者がこんな希望を持っていることが7月3日までに分かった。次点は「プログラミング」だった。新学習指導要領により外国語活動とプログラミング学習が小学校で必修化されることから、英語とプログラミングへの関心が高まったと同研究所はみている。

調査は今年5~6月、子供がいる20代~50代の男女402人を対象に実施した。

調査結果によると、夏休みに子供に勉強させたい習い事を複数回答で聞いたところ、第1位は「英語・英会話スクール」(243人) 、第2位は「プログラミング」(213人)で人気が群を抜いていた。「音楽系」(83人)、「工作・芸術系」(81人)、「そろばん塾」(73人)が続いた。「学習塾」(41人)は下位に甘んじた。

夏休みに子供に勉強の声掛けをした経験があるかどうかを尋ねると、回答者の69%が「はい」と回答。どのような声掛けをしたのか、さらに中身を聞くと、家計の負担が少ない「調べものの手伝いをした」(100人)、「勉強をするように声掛けのみをした」(95人)、「図書館などに連れていった」(87人)が上位を占め、「塾に行かせた」(41人)と「勉強の計画を立ててあげた」(28人)は少数派だった。