タイムカードの是非議論 埼玉の教員に18年度導入か

埼玉県教育委員会は7月2日の県議会文教委員会で、教員の勤務実態を把握するために2018年度中の導入を目指す県立学校のタイムカード制を説明した。議員から反対意見が相次ぎ、議論は平行線をたどった。導入のめどは立っていない。

埼玉県では現在、教員の出退勤時間は各自の申告を基に管理職が手作業で集計している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。