「不祥事続く」の批判殺到 裏口入学に有力理事関与か

科学技術・学術政策局長が逮捕された文科省汚職事件で、支援事業を巡る便宜の見返りに局長の息子を東京医科大学へ「裏口入学」させた不正に大学側理事ら首脳陣の関与が取り沙汰されていることが7月5日、明らかになった。有力理事らが入試の点数加算に直接関わっていたかどうかが焦点となっている。

 一方、文科省は同日、佐野太容疑者(58)を大臣官房付に、戸谷一夫事務次官を科学技術・学術政策局長の事務取扱とする人事異動を発令した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。