「飛び入学」17歳から 千葉大がIT人材育成狙う

千葉大学は7月6日までに、通常より1年早い17歳から学べる「飛び入学」の入試方式を拡充し、2020年度入学生から受け入れると発表した。日本情報オリンピックの予選成績に加え、同大の課題論述と2次面接で選考する。プログラミングが得意な高校生に最先端の研究に取り組ませたり、少人数教育を受けさせたりすることによって高度IT人材を育成するのが狙い。

千葉大によると、2019年度の高校2年生が対象となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。