14府県1029校が休校 死者81人、行方不明28人

西日本豪雨の人的被害は7月9日午後4時現在、教育新聞社の全国まとめで11府県に及び、死者81人、行方不明者28人に上った。岡山、広島、愛媛3県の被害が特に大きく、死者はそれぞれ5人、40人、23人となった。気象庁は同日、西日本豪雨を「平成30年7月豪雨」と命名した。

文科省によると、学校管理下における人的被害の情報はない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。