文科省が具体策を検討 高等教育の負担軽減へ

文科省は7月11日、高等教育負担軽減検討チームの初会合を開き、負担軽減方策の広報活動をテーマに議論した。2020年4月から実施される高等教育の無償化と負担軽減に向け、具体的な事務手続きの方法を決め、高校や大学関係者への周知を図る方策を検討する。

 6月15日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)では、▽年収590万円未満世帯の私立高校授業料の実質無償化▽高等教育無償化における具体的な対象範囲と要件――などが示された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。