死者176人とさらに増加 岡山で長期休業校相次ぐ

西日本豪雨の人的被害は11日さらに増え、政府の集計で死者176人、行方不明者9人に上った。深刻な被害が出ている岡山県倉敷市は11日午前8時現在、死者49人、行方不明者1人が確認された。そのうち倉敷市の真備町では被害が集中し、男性20人、女性28人が亡くなった。

倉敷市によると、小・中学校の17校で避難所が開設された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。