首相が対策本部会議開く 豪雨被害、死者195人に

西日本豪雨被害で安倍晋三首相は7月12日、首相官邸で非常災害対策本部会議(第4回)を開いた。冒頭のあいさつで前日の岡山県視察に触れ「すさまじい被害の爪跡を目の当たりにした。被災者から話を直接伺い、一日も早く、安心して暮らせる生活を取り戻すことができるよう、できることは全て行う、その思いを一層強くした」と述べた。

首相によると、人的被害が集中した岡山県倉敷市真備町は24時間態勢の排水作業により、被害が町の3分の1に及んだ浸水はほぼ解消した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。