損失は3360兆円、世銀が報告書 女子教育の機会奪取で

 女子の教育機会が奪われたことによる経済損失は世界で15兆(約1680兆)~30兆ドル(約3360兆円)に上る――。7月12日の「マララ・デー」にちなんで世界銀行が発表した報告書「失われた機会:女子の教育機会の欠如が招く巨額の損失」で、女子教育の機会奪取による影響が明らかになった。2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんは「教育を受けられないという理由で1億3千万人もの女子が、技術者やジャーナリスト、CEO(最高経営責任者)になれないという事実は、グローバル経済、公衆衛生、そして社会の安定に活用できるはずの何兆ドルという資金を失っているのと同じことだ」と訴えた。
 
 損失額は女子の教育機会が奪われたり、中等教育修了を妨げられたりしたことによる生涯生産性の低下と所得の損失額から試算された。……