小1男児が熱中症で死亡 校外学習後に意識不明

愛知県豊田市立梅坪小学校で7月17日、校外学習に参加した1年生の男子児童が熱中症で死亡した。市教委によると、校外学習から戻った後に教室で意識不明になり、救急搬送先で死亡が確認された。死因は熱中症で、症状が重度の熱射病と診断された。18日に小学校で全校集会が開かれ、校長は「大切な命を守ってあげられなくて申し訳ない」と謝罪した。太田稔彦市長は18日の定例記者会見で「安全安心であるべき学校行事で事故が起き、市民の皆さまに心配をお掛けしたことを心からおわび申しあげる」と述べた。

市教委によると、17日午前、児童は1年生4クラスの約110人と共に校外学習で約1キロ離れた公園へ徒歩で出掛けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。