「創造、批判、共感的思考――」 ロボット教育でシンポ

 「科学技術におけるロボット教育シンポジウム」(NPO法人WRO Japan主催)が7月21日、都内で開かれた。小・中・高の教員はじめ教育関係者約50人が参加。ロボットを活用した教育内容や手法などを発表した。

 事例発表では、プログラミング教材「教育版レゴマインドストームEV3」を使った実践を、岩手大学教育学部附属小学校の伊東晃教諭が説明した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。