日本版NCAA、年度内設立へ 準備委員会が初会合

大学スポーツの大学間・競技間を横断する統括組織(日本版NCAA)の設立準備委員会が7月24日、文科省内で初会合を開いた。準備委員会には大学やスポーツ競技団体など110団体が加入し、今年度内の法人設立を目指す。学生の学業両立や安全、ガバナンス体制の確立を包括するガイドラインを策定し、大会運営で収益を上げられる体制をつくる。

鈴木大地スポーツ庁長官は冒頭のあいさつで、日本大学アメフット部の悪質タックル問題など大学スポーツを巡る不祥事が相次いでいるのを念頭に「まさに今、大学スポーツが変わらなければいけない時期に来ている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。