文科省の佐野前局長が起訴 林大臣、入試実態確認へ

東京医科大学に便宜を図った見返りに受験した息子を裏口入学させたとして、前文科省科学技術・学術政策局長佐野太容疑者が7月24日、受託収賄罪で東京地検特捜部から起訴された。これを受け、林芳正文科相は同日、緊急記者会見を開き、東京医科大の入試実態について事実確認を進める考えを明らかにした。

林文科相は会見で「佐野前局長が起訴されたことは厳粛に受け止め、文科省に対する国民の信頼回復に全力を挙げたい」と述べた上で、「本日の起訴で一つの区切りを迎えたことから、東京医科大に対する事実関係の確認などを進めるよう、事務方に指示した」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。