文科省幹部またも逮捕 省内に動揺、地検特捜

文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太被告と東京医科大学を仲介したとして、収賄ほう助の罪で起訴された谷口浩司被告=今回贈賄容疑で逮捕=から複数回にわたり総額140万円相当の飲食接待を受けたとして、同省国際統括官の川端和明容疑者が7月26日、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された。林芳正文科相は同日、緊急記者会見を開き、「現職の職員が逮捕されたこと、また立て続けにこのような事態になったことは誠に遺憾。捜査当局が行う捜査に全面協力する」と述べた。

地検特捜部は26日、文科省など関係先を家宅捜索した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。