ホリエモン主宰の高校誕生へ 「行動できる人材を育てる」

会見で開校を発表する堀江貴文氏

実業家の堀江貴文氏が主宰する新しい通信制高校「ゼロ高等学院」が、今年10月に開校すると発表された。堀江氏は7月26日、都内で記者会見を開き、「高校の教育改革は待ったなしだ。これから必要とされる人材をつくりたい」と述べた。

会見などによると、同校は広域通信制の鹿島山北高校と教育連携する形の「サポート校」で、ゼロ高に所属する生徒は、鹿島山北高校にも入学手続きする。高校卒業資格も取得できる。

運営は「SNS media&consulting」と「ヒトメディア」が合弁で設立した「SNS education」で、同社代表取締役の内藤賢司氏が校長を務める。また顧問に、成毛眞元日本マイクロソフト社長、㈱コルクの佐渡島庸平代表、坪田塾の坪田信貴塾長らが就任した。

生徒は、各分野の第一線で活躍中のプロから指導を受けられる。学習分野は、▽宇宙ロケットの開発▽和牛の生産・販売▽すし職人としての技術と経営▽ファッション▽エンジニアリング――など多岐にわたり、有識者や実業家とのプロジェクト学習にも参加できる。

学習内容には堀江氏の知見が生かされ、生徒は机上の知識だけでなく、実際の社会活動に参加しながら、研さんを深める。村づくりやシェアオフィスづくりなどの講座も予定。メンターやティーチングアシスタントもそろえ、生徒の学びをサポートするという。

会見で堀江氏は「社会が不安定な時代なので、生き方をアップデートしなければいけない。多様な職業人から学べる、バラエティー豊かな選択を用意する」と述べ、「行動できる人材を育てたい」と意気込みを語った。

会見内容は明日27日の電子版で詳報する。

関連記事