第三者委設置は見送り 文科省汚職、尚早と判断

 林芳正文科相は7月27日の定例記者会見で、前科学技術・学術政策局長の佐野太被告が選定に関与した疑いがある文科省の「私立大学ブランディング事業」の選定過程について、第三者委員会による調査を「時期尚早」として、当面の間見送る意向を表明した。

 林文科相は10日の記者会見で、第三者委の調査を実施する方針を明らかにしていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。