「未来の教室」が発進 経産省の実証事業

EdTechを活用した新たな教育プログラムの開発を推し進める「『未来の教室』実証事業」のキックオフイベントが7月26日、経産省内で開かれ、事業の採択が決まった学研プラスやZ会、N高校を運営する角川ドワンゴ学園などの事業者が紹介された。イベントには学校と連携し先進的なプログラムを実施する民間企業やNPO法人など28団体が参加。同省の浅野大介商務・サービスグループ教育産業室長は「未来の教室が打ち出す学びは、学習者の意欲やワクワクした気持ちを中心に発展する。国内だけでなく、海外も視野に入れて展開していきたい」と訴えた。

経産省は6月に公表したEdTechを用いた学習プログラムの開発を盛り込んだ「『未来の教室』とEdTech研究会 第1次提言」を踏まえ、学校とタッグを組んで実証事業を展開する事業者を募集していた。……