またも文科省で不祥事 横領で職員を懲戒免職

文科省は7月30日、40代の課長補佐級職員が出向先だった京都教育大学の教育後援会の会費を横領したとして、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。横領した総額は770万円に上る。職員は今年4月、文科省に異動していた。

今月4日の前科学技術・学術政策局長だった佐野太被告の起訴、26日の前国際統括官川端和明容疑者の逮捕に続き、ひと月で不祥事が三度明るみとなる異例の事態となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。