東日本の気温が過去最高 7月平均、西日本は2位タイ

やはり灼熱(しゃくねつ)列島だった――。東日本の7月の平均気温は1946年の統計開始以来、過去最高だったことが気象庁が8月1日発表した7月の天候まとめで分かった。平均気温より2.8度高かった。西日本では第2位タイで、平均より1.6度高く、7月の灼熱列島が裏付けられた。太平洋高気圧の勢力が日本付近で強かったのが理由。

7月23日には熊谷(埼玉県)で最高気温が 41.1度を記録し、歴代の最高気温を更新した。

気象庁によると、東日本と西日本日本海側で7月の日照時間がかなり多かった。特に東日本日本海側の月間日照時間は平年比179%となり、7月としては最多日照時間となった。太平洋高気圧に覆われて晴れた日が多かったことが影響した。

総務省消防庁が7月31日発表した6月の熱中症による救急搬送人数は全国で5269人に上り、前年同期に比べて1788人多かった。