放課後クラブの整備促進を 専門委が中間報告を公表

女性の就業率の上昇により、利用児童数が増加している放課後児童クラブを巡り、厚労省は7月27日、放課後児童対策専門委員会(座長=柏女霊峰・淑徳大学総合福祉学部教授)が取りまとめた放課後児童クラブの整備や質の確保に関する中間報告を公表した。待機児童の解消加速やニーズの増加を受けて、新たな受け皿整備の目標を設定することや、放課後児童支援員の処遇改善、研修による質の向上を求めている。

放課後児童クラブは2017年現在、全国に2万4573カ所あり、117万1162人の児童が登録している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。