一転、いじめが「主因」 青森、中2女子自殺で

青森市で2016年8月、市立浪岡中2年の葛西りまさん(当時13)がいじめ被害を訴えて亡くなった自殺を巡り、市いじめ防止対策審議会は8月2日、いじめが自殺の主因とする報告書を市教育委員会に答申した。報告書はいじめ防止について「組織的対応がされていなかったのは学校の責任」と指摘した。

小野寺晃彦市長は同日、「いじめが主要な原因であったと認定され、ご遺族の心情を察するに心が痛みます」とのコメントを発表した。

報告書によると、葛西さんへのいじめは中1の6月ころから始まり、「死ね」などの暴言やSNS(会員制交流サイト)による悪口、根拠のないうわさを流されたりした。このため起立性調節障害を発症し、うつ状態になった。2年生の2学期始業式にも悪口を言われ、将来を悲観したことが自殺の引き金になったという。報告書は「いじめから逃れられないとの意識と、強い落胆を覚えた」と断定した。

市いじめ防止対策審議会は17年春、思春期うつが自殺の一因とする報告書案を遺族側に示した。ところが「根拠がない」と遺族側が反発し、再調査を求めていた。

父親の葛西剛さんは2日、記者会見し、「(報告書は)どんないじめがあるとどれだけのダメージがあるのか、娘が苦しんだ状況をリアルに記している。今後のいじめをなくすための強い意味を持っている」と述べた。