技術革新と高校改革を議論 教育再生会議でWG設置

 政府は8月3日、教育再生実行会議第43回会合を首相官邸で開き、今後のテーマとして「技術の進展に応じた教育革新」と「新時代に対応した高校教育改革」の議論を開始した。それぞれにワーキンググループを設置し、具体的な方向性を検討する。

 安倍晋三首相は「人生100年時代や人工知能、IoTなどの技術革新が進展する新たな時代に対応し、多方面で活躍する人材の育成が急務となっている」と指摘した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。