平成最後の原爆の日 核兵器のない世界目指し

広島は8月6日、平成最後の「原爆の日」を迎えた。原爆投下から73年。広島市の松井一実市長は同日午前開かれた平和記念式典の「平和宣言」で、核兵器禁止条約の採択を導いた国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞を歓迎し、「国際社会が核兵器のない世界の実現に向けた対話と協調を進めるよう、役割を果たすことを求める」と呼び掛けた。(クローズアップに関連の「平和特集」)

これに対し、安倍晋三首相は核兵器禁止条約については触れず、「核兵器のない世界を実現するためには、核兵器国と非核兵器国双方の協力を得ることが必要で、わが国は非核三原則を堅持しつつ、粘り強く双方の橋渡しに努め、国際社会の取り組みを主導していく決意です」と述べるにとどまった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。