避難所で学習支援広がる 220人死亡の豪雨から1カ月

西日本豪雨で各地に大雨特別警報が発表されてから8月6日で1カ月となった。総務省消防庁によると、1府13県で220人が亡くなり、3県で11人の行方が分かっていない。3日時点の消防庁まとめでは、避難所の数は1府9県で178カ所に上り、計3600人以上が避難所生活を強いられている。

文科省によると、6日現在、避難所となっている公立学校は岡山県で15校、広島県で8校、愛媛県で4校の計27校。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。