小中一貫教育の整備効果 一体型施設で満足度高く

小中一貫教育の学校では、小学生と中学生が同じ校舎で学ぶ一体型の施設の方が、教職員の満足度が高い――。国立教育政策研究所は8月9日、「小中一貫教育の施設整備効果に関する調査報告書」を公表した。分離型でも、離れた校舎にいる児童生徒同士の交流スペース設置などの工夫を行っている施設で、教職員の満足度が高かった。

同調査は全国の公立小中一貫教育校のうち、地域バランスなどを考慮して286校を抽出。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。