児童養護施設の高校生 大学進学の支援策を提言

夢を持つには憧れの存在が必要――。児童養護施設で暮らした経験のある高校生や大学生が8月10日までに、厚労省を訪れて、児童養護施設の子供たちの大学進学など進路選択の支援策を、加藤勝信厚労相に提言した。加藤厚労相は「児童養護施設で暮らす子供たちにとってのロールモデルになってほしい」と述べた。

同省の調査によると、児童養護施設に暮らす子供たちが大学などの高等教育機関に進学する割合は、2016年では24.0%と全世帯平均(73.2%)を大きく下回っている。……