来年度最下位なら賞与返上 大阪市長、学力調査で決意

吉村洋文大阪市長は8月16日の定例記者会見で、全国学力調査の結果が2018年度に続き19年度も全20政令市の中で最下位だった場合、自身の来夏のボーナスを全額返上する考えを明らかにした。市長は調査結果を教員の給与に反映させる方針を示しており、これに反対する署名活動が起きている。

吉村市長は「校長と現場の教員、教委一丸となってやっていかなければならない。市の責任者として決意表明したい」と述べ、教員と同様に教委の担当者らにも責任の所在を求め、調査結果を給与に反映させる意向を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。