医学部生の授業料を免除 米NY大、奨学金制度を創設

米国名門のニューヨーク大学医学部は8月16日、医学部生全員の授業料を免除する奨学金制度を創設すると発表した。授業料は年間約5万5000ドル(約610万円)で、在学生と新入生の全員が奨学金支給の対象となる。財源は大学の理事や卒業生ら約2500人の寄付金を充てる予定。

米国の私立医科大は学費が高額で、米国医科大学協会によると、私立医科大の授業料・諸経費は年間で平均約5万9000ドル(約650万円)になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。