医学部生の授業料を免除 米NY大、奨学金制度を創設

ニューヨーク大学の学生生活センター=ニューヨーク大学提供

米国名門のニューヨーク大学医学部は8月16日、医学部生全員の授業料を免除する奨学金制度を創設すると発表した。授業料は年間約5万5000ドル(約610万円)で、在学生と新入生の全員が奨学金支給の対象となる。財源は大学の理事や卒業生ら約2500人の寄付金を充てる予定。

米国の私立医科大は学費が高額で、米国医科大学協会によると、私立医科大の授業料・諸経費は年間で平均約5万9000ドル(約650万円)になる。さらに私立医科大を卒業した医師の21%が30万ドル(約3320万円)に上る教育負債を抱えている。米国では小児科や産婦人科など経済収益性の低い専門分野に進もうとしたがらない医学部生が増える傾向があることから、ニューヨーク大学は医学部生の学費免除により、優秀な学生の獲得と医療の質の確保を期待している。

ニューヨーク大学医学部幹部の一人は「幅広い応募者を医学部に入学できるようにすることで、私たちは全米の医学教育を変革する『触媒』になるだろう」とコメントした。

旺文社によると、日本の私立大医学部における2017年度の入学金、授業料、初年度納入金の平均はそれぞれ131万2903円、269万806円、 729万1810円。