元受験生支援の弁護団結成 東京医科大の女性差別入試

東京医科大学の医学部医学科一般入試で女性の受験生に対する差別的な得点操作が明らかになったことを受け、全国の弁護士有志が8月21日、「医学部入試における女性差別対策弁護団」を結成し、文科省で記者会見した。会見で弁護団は、元受験生による入試成績の開示や受験料返還の請求を支援すると発表した。25日には電話による緊急ホットラインを開設し、元受験生や家族らの相談を受け付ける。

会見によると、弁護団は21日現在、北海道から九州まで、女性を中心に57人の弁護士で構成。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。