7月の救急搬送、過去最多 5万4千人、昨年の2倍超

熱中症の発生場所ごとの構成比

今年7月の熱中症による救急搬送は5万4220人に上り、1カ月の熱中症による救急搬送としては2008年の調査開始以来、最多となった。総務省消防庁が8月22日、集計結果を発表した。学校などの教育機関では、3881人が熱中症で搬送された。

集計によると、昨年7月の熱中症による救急搬送は2万6702人で、今年は2万7518人増えて2倍超となった。死亡数も133人で過去最多を記録した。特に7月16~22日の救急搬送は2万3191人、死亡67人で、週当たりでも記録を更新した。

都道府県別では▽大阪(4432人)▽東京(4430人)▽愛知(4064人)▽埼玉(3316人)▽兵庫(2809人)▽神奈川(2419人)▽千葉(2256人)――で救急搬送が2千人を超えた。昨年7月では2千人を超える都道府県はなかった。

年齢区分ごとでは、▽高齢者(65歳以上) 48.4%▽成人 36.2%▽少年(7歳以上18歳未満) 14.3%▽乳幼児 1.0%――だった。熱中症の発生場所では、住居が42.8%で最も多く、学校などの教育機関も7.2%あった。

人口10万人当たりの救急搬送人員数では、西日本豪雨の被害が大きかった岡山県で最も多く74.94人、次いで岐阜県(67.13人)、京都府(66.08人)、奈良県(65.31人)、群馬県(64.16人)と続いた。