7月の救急搬送、過去最多 5万4千人、昨年の2倍超

今年7月の熱中症による救急搬送は5万4220人に上り、1カ月の熱中症による救急搬送としては2008年の調査開始以来、最多となった。総務省消防庁が8月22日、集計結果を発表した。学校などの教育機関では、3881人が熱中症で搬送された。

集計によると、昨年7月の熱中症による救急搬送は2万6702人で、今年は2万7518人増えて2倍超となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。