うつ病休職を障害者扱い 栃木県教委、雇用水増しで

国のガイドラインに反して障害者手帳や診断書を確認せずに教職員らを障害者雇用数に算入する「水増し」が、各県教委で相次ぎ発覚している。栃木県教委は8月22日、うつ病などで半年以上休職した教職員ら32人について「水増し」があったと発表し、「申請をすれば精神障害者保健福祉手帳を取得できる可能性が高いと考え、実際の取得を確認せずに計上した」と釈明した。富山、石川の両県教委でも雇用数算入に当たって障害者手帳の有無を確認していなかった。

栃木県教委によると、2017年度は教職員217人を障害者として扱い、障害者雇用率は法定雇用率(2.2%)を超える2.36%だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。