「都立大学」の名称復活へ 小池知事の意向受け変更

首都大学東京(同大学HPより)

東京都の小池百合子知事は8月24日の記者会見で、都の設置する公立大学「首都大学東京」の名称が2020年4月から「東京都立大学」に変更になることを明らかにした。首都大学東京を運営する法人側から変更方針の報告を受けたと説明した。

1949年に設立された東京都立大学は、都立科学技術大学、都立保健科学大学、都立短期大学と2005年に再編・統合され、首都大学東京となった。首都大学東京は知名度不足が内外から指摘され、小池知事は7月の庁内会議で「ブランディング戦略の一つとして大学名を変えるくらいの大胆な改革をスピード感持って進める必要がある。『東京都立大学』とするのも一つの考え方だ」と持論を展開。首都大学東京側へ名称変更を促していた。

小池知事は会見で「都立の大学であることを分かりやすく発信していくことで、教育研究・成果を都民や都政に還元するという大学の存在意義が、これまで以上に明確になることを期待している。都としても必要な支援はしていく」と強調した。

首都大学東京の上野淳学長は24日、「都が設置したことが明確になる『東京都立大学』への名称変更は、本学がさらなる発展を遂げる機会ともなり得ると前向きに捉えている」とのコメントを発表した。