入試前に支給候補者を決定 九大、奨学金制度を新設

九州大学は、入試の結果が出る前に奨学金支給候補者を決める奨学金制度を新設し、9月3日から2019年度候補者の募集を始める。締め切りは14日(消印有効)。11月下旬以降に候補者を決め、本人に通知する。九大への入学を希望する成績優秀な経済的困難者を入学前に奨学生候補者として採用することで、進学の機会を確保し、入学後に安心して学業に専念できる支援態勢を組むと説明している。

九大によると、奨学金の支給は入学が条件。毎年度10人を採用し、卒業まで毎月3万円を支給する。返済は不要。 本人の所属する世帯の年収と学業成績に一定の条件がある。候補者が入試で不合格になったり、他の大学へ入学したりした場合は、欠員数に応じて補欠を繰り上げる。

奨学金は福岡市の元会社社長中本博雄さんによる寄付金5億1600万円のうち3億1600万円が充てられ、20年間継続して学生を支援する。

奨学金の詳細は、九大のホームページのうち「九州大学独自の奨学金・経済支援」のコーナーで確認できる。