3460人の障害者を水増し 厚労省調べ、雇用率は半減

加藤勝信厚労相は8月28日の関係閣僚会議で、国の33行政機関のうち文科省を含む27機関の計3460人について昨年6月時点で障害者数の不適切算入があり、全体の雇用率が2.49%から1.19%に半減したと報告した。障害者手帳を持っていない職員らを障害者として扱うことで雇用率を「水増し」し、当時の法定雇用率2.3%(2018年4月以降は2.5%)を達成したと偽っていた。政府は検証チームを設け、検証に乗り出す。

厚労省によると、「水増し」の確認により、全体として3396人の障害者雇用が必要となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。