教頭・副校長の支援スタッフを創設 管理職手当の改善も

副校長・教頭の業務を支援することに特化した、新たなスクール・サポート・スタッフを創設する方針を、文科省は8月29日までに固めた。2019年度の概算要求に予算を計上する。併せて、管理職手当の見直しなど待遇改善も図る。

学校の働き方改革を実現するための外部人材の活用として、スクール・サポート・スタッフは18年度予算で全国の公立小・中学校などに3000人を配置していたが、自民党教育・文化・スポーツ関係団体委員会で同省が示した資料によると、19年度概算要求では新たに4000人を増やす。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。