教職員の事務効率化目指す 総務省19年度概算要求

総務省は8月31日、2019年度予算の概算要求を公表した。教育関連では教育のデータ利活用と教職員の事務効率化を目指す実証事業、地域ICTクラブの整備事業の二つが柱で、新規事業に高齢者や障害者がICTを学べる環境の整備を盛り込んだのが特徴だ。総務省の一般会計予算の要求総額は16兆4645億円。将来の人口減少による課題を見込んで18年度予算比で3675億円増額した。

文科省と連携するスマートスクール・プラットフォーム実証事業には、4億2千万円(18年度予算比1億5千万円増)を計上した。……