新井教授が読解力低下報告 技術革新WGが初会合

教育再生実行会議の技術革新ワーキンググループ(WG)は8月31日、文科省で初会合を開き、EdTechによる教育改革について検討を開始した。新井紀子国立情報学研究所教授が外部有識者として招かれた。同教授は日本の中高生の読解力が低下し、現状では人工知能の台頭に対応できない状況を報告した。

丹羽秀樹文科副大臣は冒頭のあいさつで「技術革新はそのスピードだけでなく範囲も広がっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。