7割で男性優位、医学部入試 18年度、文科省緊急調査

東京医科大学の不正入試を受け、文科省は9月4日、医学部医学科を置く全国の大学を対象に実施した緊急調査の結果(速報値)を公表した。2018年度入試で、女性より男性の方が合格率が高かったのは、81大学中57大学に上り70.4%に達した。性別による得点操作など不正を認めた大学はなかったものの、文科省は聞き取りや資料提出の調査を続け、10月中にも最終結果をまとめる方針。

緊急調査結果によると、医学部入試の合格率が女性より男性で高かった大学は、▽13年度 69.6%▽14年度 68.4%▽15年度 64.6%▽16年度 71.3%▽17年度 56.8%――だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。