世界の教室をWEBでつなぐ 国内サービス開始で遠隔授業

中村教授(右横)の遠隔授業を受ける高校生ら

国内外の学校をWEB会議システムでつなげるプログラム「デジタルスクールネットワーク」の国内サービスを開始するとして、シスコシステムズは9月5日、北海道から沖縄まで全国の高校など5拠点を同ネットワークでつないだ遠隔授業を、東京都港区の東京本社から行い、報道陣に公開した。

同ネットワークは遠隔授業、学生間交流、また教員同士のコミュニティーなどを提供するデジタルラーニングプラットフォーム。同社によると、▽オンラインコミュニティーに参加することで、国内外の学校と交流の機会が生まれる▽国内外の企業や専門家、プログラムパートナーが提供する学習コンテンツにアクセスすることで、共同授業などを体験できる▽プログラム参加校間でのベストプラクティスの共有――などのメリットがあるという。

すでにオーストラリア、シンガポール、インド、ニュージーランドの24校に導入されており、5カ国目となる日本では、年内に30校の導入を目指している。今後、同ネットワークを活用し、国内参加校で受験対策したり、オーストラリアの大学の講義を体験したりするプログラムも計画している。

公開された遠隔授業では、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の中村伊知哉教授が講師となり、参加した北海道岩見沢市立緑陵高校、広島県立大崎海星高校、宮崎県立飯野高校、沖縄県久米島学習センター、高知県特定非営利活動法人SOMAに向けて、WEBの双方向性を生かした講義を行った。講義後は、拠点ごとに生徒らが質問して、中村教授は丁寧に答えていった。

授業を終えた中村教授は「皆がつながって、どこにいても一緒に学べる環境こそ非常に大切。思っていた以上に生徒らと自然に接することができた。このシステムを使って、いろいろ工夫した授業をやっていけそうだと感じた」と振り返った。