学校で子供同士の暴力頻発 世界で13~15歳の半数経験

世界の13~15歳の生徒の半数に相当する1億5000万人が、学校で子供同士の暴力を経験している――。ユニセフ(国連児童基金)が9月6日付で公表した報告書「毎日の試練:学校における暴力をなくす(An Everyday Lesson:#ENDviolence in Schools)」で、世界122カ国の学校における暴力の実態が明らかになった。日本は調査対象外。

報告書は子供に対する暴力撲滅のためのグローバル・キャンペーン「#ENDviolence」の一環として発表された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。